梅醤番茶で冷え性知らず!先人の知恵で自律神経を整える。

  • 2023年10月20日
  • 2023年10月20日
  • 重曹
  • 49view

あまり聴きなれない言葉ですが、昔からある家庭の医学として親しまれている健康茶の一つです。

私は自律神経が乱れやすい季節の変わり目や冬場に積極的に飲むようにしています。

今回は梅醤番茶の魅力について、お伝えさせていただきます。

梅醤番茶とは

梅干しのエキスを使った健康茶。日本で昔から親しまれてきました。梅醤番茶には、体温を上げながら、抗酸化作用、胃腸を整え、免疫力向上の効果が期待できます。また、消化促進、デトックス効果もあり、体内の不要な物質を排出する助けもあります。

梅醤番茶の期待できる効果

梅醤番茶は疲労回復、保温効果、冷え性、貧血、喉が弱い方に期待される効果があります。日常の忙しさやストレスからくる疲れを癒し、リラックス効果をもたらします。また、梅醤番茶に含まれる成分が血行を促進するため、体内の老廃物を排出し、健康な体を保つ手助けをします。

梅醤番茶の楽しみ方

\用意するもの/

〇梅一個
〇醤油大さじ1
〇すりおろし生姜汁(私は生姜も入れてます)
〇熱い濃いめの番茶

\作り方/

種を取った梅干しを、湯のみ茶碗に入れます。

⑵箸でつぶします。

⑶醤油大さじ1を入れます。

⑷さらに箸で突いながら、醤油と一緒によく練ります。

⑸生姜のおろし汁を2~3滴落とます。

⑹熱い番茶を八分目ほど注ぎ、よくかき混ぜれば出来上がりです。熱いうちに飲むのがおすすめ!

味が苦手ならはちみつを加えてもよいでしょう。独自の味わいを楽しめます。また、梅醤番茶は冷やしても温めても美味しく楽しめますが、それぞれの飲み方によって異なる効果や風味があります。

created by Rinker
ムソー
¥1,302(2024/04/23 21:42:46時点 Amazon調べ-詳細)

梅醤番茶の飲むタイミング

梅醤番茶を飲む際には、適切なタイミングと量を守ることが大切です。朝起きた後や食事前後など、自分に合ったタイミングで摂取することがおすすめです。また、冷やして飲む場合と温めて飲む場合では、それぞれの特徴や効果が異なるため、自分の好みや体調に合わせて選ぶことが重要です。

梅醤番茶の注意点

ただし、梅醤番茶を過剰に摂取することは避けるべきです。摂りすぎると胃腸に負担をかける可能性があります。また、特定の疾患や薬物との相互作用に注意が必要です。医師や専門家に相談することをおすすめします。

まとめ


梅醤番茶は、健康効果や美味しさを兼ね備えた飲み物です。抗酸化作用や免疫力向上、消化促進、疲労回復、ストレス軽減など、さまざまな効果が期待できます。適切な材料と手順を守り、自分に合った飲み方を見つけることで、より効果的に楽しむことができます。ただし、摂取量や注意事項には十分注意しましょう。

最新情報をチェックしよう!